ちのしお屋 Online Shop
ちのしお屋通信販売事業部
  ホーム サイトマップ
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク



地の塩屋通信
骨ときくらげについて。
10月も後半となりましたが日中はまだ暑さを感じます。皆様いかがお過ごしですか?Kです。
さて、先日健康情報番組「健康カプセル!元気の時間」(毎週日曜朝7時~)で「骨」がテーマでした。
私にとりましても興味深いテーマでして、健康な骨に欠かせない食材が身近にあること
に改めて気づかされました。

※骨粗しょう症
骨の強さを示す骨密度が低下し骨折しやすい状態の事です。骨密度が下がるのは、年齢だけでは
なく日頃の生活にも原因があります。カルシウム不足、肉からのタンパク質の摂取不足。

※いつの間にか骨折
骨粗しょう症が進んで骨がスカスカになると自分の体重で背骨が支えきれなくなり、気づかないうちに
背骨が潰れます。これがいつの間にか骨折です。
じわじわと潰れる為、痛みが少なく、中には全く自覚症状がない人もいるそうです。
背骨が潰れると背中は丸くなり、肺などの内臓を圧迫し、心肺機能低下にもつながります。
若い時よりも身長が2㎝以上低くなってる人は、いつの間にか骨折の可能性もあります。

※椎間板症
加齢とともに、椎間板の水分が減少し、椎間板が薄くなることで関節に負担がかかる椎間板症は、
喫煙者は特に注意が必要です。
長時間同じ姿勢を続けたり、重いものを持ち上げたり、運動不足による筋力低下も要注意です。

以上のようなことを引き起こさない為にも丈夫な骨作りを心がけることが大切です。

骨作りに大切なことは、運動と食事です。簡単にできる運動で、片足立ちを紹介されました。
番組では、骨を意識をする生活をはじめてから、骨密度が上昇した高齢の女性が紹介され、
料理の最中にも何度か片足立ちをされてました。一本の足に力がかかる為効果があるそうです。
この女性の食事は、魚、野菜が中心で、毎日納豆とヨーグルトも欠かさないそうです。
骨に必要な栄養素の代表は、カルシウムです。ビタミンD、ビタミンK、マグネシウム、イソフラボン
などの栄養素も必要です。
ちのしお屋自慢の山鹿産乾燥きくらげは、
ビタミンDは、食品中第1位・カルシウムは牛乳の約3倍なので、骨の健康に一番最適な食品だと確信しました。
また鉄分もレバー、小松菜の約4,5倍・食物繊維食品中第2位と、かなり栄養価の高い食品です。
今からでも遅くはありません。バランスの良い食事と適度な運動で健康な骨作りを目指しましょう。

きくらげ1
200g 3,619円(税抜)  45g 933円(税抜)  20g 500円(税抜)

(簡単レシピ)きくらげ入りあげ納豆
A油揚げ:2枚 B納豆:1パック Cきくらげ:2枚(戻して茹でて細切り) D刻みねぎ
Eごま油:少々 
① 油あげの1辺に包丁を入れ袋状にする。②納豆に付属のたれとごま油とCとDを混ぜる。
② 油あげに②を詰め、フライパンで両面をこんがり焼く

きくらげ2



乾燥きくらげの詳しい内容はこちら

▲ページトップへ

グリーンファイル
ブログちのしお屋通信
特定商法取引 会社概要